i-D2cx

IBM i向けデータ抽出変換ツール

このような課題を解決します!

i-D2cxの特徴

1

Db2 for iからデータを抽出・編集し、オープン形式フォーマットに変換します。

2

SQLベースの高機能CSV変換を実行する「CVTD2C」と、レコードI/Oベースの多機能・多形式コマンドである「CRTOPNFF」の2つの変換機能を提供します。これらを組み合わせ、要件に合わせた柔軟な変換が可能です。

3

「CVTD2C」は対話型でパラメータにより定義を作成し、「CRTOPNFF」では定義なしで実行可能です。どちらも条件の設定がとても簡単です。

4

回復可能エラーであれば処理を続行するので、転送中断を回避します。エラーはCSVファイル内に記録され、問題個所の判別が容易です。

CVTD2C(SQLベースの高機能CSV変換コマンド)
CRTOPNFF(レコードI/Oベースの多機能・多形式出力コマンド)

i-D2cxの機能

・多彩なデータ変換
・簡単な事前定義
・自由なデータ編集
・エラー時のハンドリング
・プレビュー機能
・使用者権限の設定
・UT/400ファミリー製品との連携

*以下で概要をご紹介します。

 多彩なデータ変換

PF、LF、VIEW、TABLEのファイルから「CVTD2C」ではCSV形式に、「CRTOPNFF」ではCSV、XLSX、XML、JSONの各形式に変換します。

 簡単な事前定義

「CVTD2C」では事前定義に従ってCSVファイルに変換します。DB選択、結果フィールド、サマリーキー、出力フィールド、選択条件、出力順序・出力先などを簡単なパラメータ設定だけで指定します。「CRTOPNFF」では事前定義不要で、コマンド発行時にファイル形式、出力フィールド選択、レコード選択条件、ソート条件を指定します。

 自由なデータ編集

集計・計算機能やSQL形式での自由なデータ編集が可能です。

 エラー時のハンドリング

コード変換エラーなどの回復可能エラーであれば、処理を継続します。

 プレビュー機能

定義の一括管理が可能で、追加・編集・定義の内容をプレビューできます。

 使用者権限の設定

定義やメニュー操作が可能なユーザーを指定できます。

  UT/400ファミリー製品との連携

UT/400ファミリーのオプション製品と連携し、ファイルのメール配信、他サーバーへの転送、ソケット通信によるファイル転送などに対応します。

稼働環境

ホストOS

IBM i 6.1以降(IBM i 7.2以降推奨、最新PTF推奨)

環境言語

日本語

関連資料をダウンロード!