S/D Manager Project管理

IBM i向けプロジェクト管理ツール

このような課題を解決します!

S/D Manager Project管理の特徴

1

エンドユーザー部門からシステム部門への開発依頼を起点に、プロジェクトの発生から本番移行までの各プロセスを一元管理します。

2

3

開発作業から発生するリソースを各プロジェクトと連結させて管理することで、本番環境への移行作業を自動化します。

本番リリース時のオブジェクト使用権限の設定や移行実績の履歴管理、変更ソースのバックアップを自動的に実行するので、セキュリティの強化や移行作業の簡素化、管理業務の効率化に役立ちます。

S/D Manager Project管理の機能

・権限に沿った担当者の職務分離
・本番登録、配布の自動化
・リクエスト管理
・本番登録処理
・変更ソース・メンバーの自動履歴管理

*以下で概要をご紹介します。

 権限に沿った担当者の職務分離

ユーザー部門からのリクエスト受付から、開発ソースメンバーの登録、本番登録依頼、本番登録処理などの移行作業における各プロセスでの職務権限を設定します。それぞれの担当者の職務権限を明確にし、開発環境と本番環境を完全分離した運用が可能です。

 本番登録、配布の自動化

開発ソースメンバーを開発環境から本番環境へ移行し、コンパイルによりオブジェクトを作成します。作成されたオブジェクトには使用権限が自動的に設定されます。開発ソースが変更メンバーの場合は本番登録のタイミングで、現行の本番ソースメンバーがバックアップ環境に保管されます。また本番環境が別マシン(または別区画)の場合は、ネットワークによる開発リソースの配布を行います。

 リクエスト管理

ユーザー部門より依頼された開発プロジェクトの情報登録および開発・本番移行状況を管理します。システム環境(開発・本番)・依頼部門・依頼日・受付日・予定開発期間といった基本情報の登録や、開発状況・実開発期間・開発対象メンバー数・通算本番登録メンバー数・最終登録日などの実績情報を照会・管理します。

 本番登録処理

リクエスト管理で登録されたプロジェクトごとに開発ソースメンバーを登録し、リクエスト単位に開発環境から本番環境への移行処理を自動的に行います。本番登録処理はオンライン、バッチ投入(スケジュール指定)による実行が可能です。

移行手順

 変更ソース・メンバーの自動履歴管理

本番登録処理の自動バックアップ機能により、変更ソースメンバーの複数世代管理を実行します。バックアップされたソースメンバーは任意に復元が可能です。

多彩なオプション

◎ネットワーク対応オプション

開発環境、検証環境および本番環境などのリソースの構成が別マシン(または別区画)にて分離されている場合は、ネットワークによるプログラムの自動配布をサポートします。

◎チェック・アウトオプション

変更対象のソースを本番環境から開発環境へ複写し、開発担当者と変更ソースメンバーを管理することで、複数開発者による同一ソースの重複変更作業を防止します。

ドキュメント一覧

・開発メンバー登録簿
・本番登録申請書
・本番登録チェックリスト
・本番登録結果報告書
・バックアップログ・レポート

・リクエスト状況リスト
・開発状況レポート
・開発進捗状況レポート
・システム登録ファイル一覧

稼働環境

ホストOS

IBM i V6R1以降(V7R2以降推奨、最新PTF推奨)

環境言語

日本語

関連資料をダウンロード!