UT/400-SDP

スプールデータ変換ツール

このような課題を解決します!

UT/400-SDPの特徴

1

スプールデータをもとに必要項目を抽出したExcelやCSVのファイルへ変換したり、スプールイメージのままTEXTファイルへ変換することが可能です。あらゆるデータからの最終集計結果であるスプールデータから、必要な情報のみを簡単にCSV化できます。Excelなどでの二次加工も自在に行えます。

2

既存アプリケーションやスプールファイルの変更・修正は不要です。

3

GUI操作による簡単な操作で、定義情報を作成できます。

4

OUTQ監視による完全自動運用、および各種コマンドをアプリケーションに組み込んだ運用が可能です。

UT/400-SDPの機能

・CSV/Excel形式へのデータ抽出
・TEXTファイルに変換
・UT/400ファミリー製品との連携

*以下で概要をご紹介します。

 CSV/Excel形式へのデータ抽出

必要な項目だけを正確に抽出して、CSV/Excelデータに変換します。項目名を自由に設定し、任意の順序で出力します。伝票形式や複数行にまたがるような複雑な帳票でも出力可能です。連票形式と単票形式に対応します。

 TEXTファイルに変換

 スプールファイルのイメージのまま、TEXTファイルに変換できます。

 UT/400ファミリー製品との連携

UT/400ファミリー製品と連携することで、他のシステム間でのデータ処理が可能です。

稼働環境

ホストOS

IBM i 6.1以降(IBM i 7.2以降推奨、最新PTF推奨)

環境言語

日本語・英語(2次言語または 1次言語に日本語環境が前提)

備考

別途有償のOSライセンスは不要

開発クライアント側

日本語環境

CPW

1600以上推奨

メモリ

4GB以上推奨(帳票量により、これ以下でも運用は可能)

開発クライアントOS

Windows 8、Windows 10

事例

関連資料をダウンロード!