SS/TOOL-ADV

IBM i向けアプリケーション開発保守支援ツール

このような課題を解決します!

SS/TOOL-ADVの特徴

1

IBM iのシステム稼働環境の実行オブジェクトにより、アプリケーション構成情報の分析、プログラム解析、プログラムの修正に伴う影響範囲の特定、データベース解析を行うので、実行環境に基づいた正確かつ最新の診断・管理・分析がオンラインで即時に把握できます。「IBM i 資産の継承・技術者の世代交代」を実現するツールです。

2

IBM i上で稼働し、別サーバーは一切不要です。アプリケーションと同一プラットフォーム上で稼動するので、「速く、正確で、直感的な」分析結果を照会できます。

3

マウスによるWindowsライクな画面操作を実現しており、IBM i未経験者でも簡単に利用できます

4

各解析結果のアウトプットはスプールファイル、Excel、データファイルのほか、グラフィカルで活用・保管に便利なPDFファイルなど、目的に沿ってさまざまなファイルを選択することが可能です。

SS/TOOL-ADVの機能

・ライブラリー管理処理
・プログラム関連処理
・データベースフィールド解析処理
・エンティティ関連処理
・ドキュメント出力処理

*以下で概要をご紹介します。

 ライブラリー管理処理

ライブラリー内のオブジェクト情報をリアルタイムに一覧形式で照会します。ライブラリー単位のプログラム本数、ファイル本数、プログラムの分析状況が確認できます。またアプリケーション構造分析やオブジェクト情報からファイルとプログラムの関連、プログラムの相互関連情報などが検索できます。

ライブラリー管理処理

 プログラム関連処理

システムの稼働環境にてプログラムオブジェクトを解析し、プログラムと使用ファイルの関連やプログラム相互の関連情報を照会します。またプログラム使用ファイルのアクセスタイプや物理ファイル、従属する論理ファイルの情報も相対的に確認できます。

プログラム処理
プログラム関連処理/ファイル関連処理
プログラム仕様書/ファイル参照プログラム・ダイアグラム
プログラム構造
プログラム・ダイアグラム
プログラム・ダイアグラム

 データベースフィールド解析処理

データベースフィールドを使用するプログラムの関連情報を照会します。フィールド拡張などのメンテナンス作業での修正プログラムや修正箇所の洗い出しを効率よく実行できます。

ファイルフィールド・プログラム使用表

 エンティティ関連処理

データベースのリレーションを作成します。フィールド属性やフィールドIDを基準に並び替え、エンティティ対象項目を指定します。この設定によりアプリケーション・システムの全体的なデータベース・リレーションを把握できます。

エンティティ設定/エンティティ設定照会
エンティティ・ダイアグラム/DBエンティティ関連・ダイアグラム

 ドキュメント出力処理

各種分析結果はIBM iから直接、PDF、Excel、DBF、SPLFで出力できます。

ドキュメント一覧

・プログラム仕様書
・プログラム機能書
・プログラム使用フィールド一覧
・プログラム参照ファイルキー一覧
・画面ファイル設計書
・帳票ファイル設計書
・プログラム内部構造ダイアグラム
・プログラム外部参照プロシージャ表
・プログラム構造・ダイヤグラム
・ILEプログラム構造図
・コマンド・ダイヤグラム
・CLジョブフロー

・エンティティ・ダイヤグラム
・エンティティ関連一覧
・DBエンティティ関連・ダイヤグラム
・DBエンティティ関連一覧

・プログラム-ファイル関連図
・ファイループログラム関連図
・ファイル参照プログラム・ダイヤグラム
・ファイルフィールド・プログラム使用表
・プログラム使用項目一覧表
・従属論理ファイル一覧
・ファイルメンバー一覧
・データ定義仕様書
・アクセス・パス一覧表
・ソースメンバー印刷
・ソースメンバー・コンペアリスト
・ソース内複数文字列検索一覧表

稼働環境

ホストOS

IBM i 6.1以降(IBM i 7.1以降推奨、最新PTF推奨)

備考

PDFビューワー:AdobeReader(その他のビューワーは非保証)

事例

製品資料をダウンロード!