i-SM4d

IBM i向け開発ソース管理ツール

このような課題を解決します!

i-SM4dの特徴

1

IBM i上で稼動し、従来の開発方法(PDM)を変更せずにソースの世代管理を実現します。

2

PDMの画面からソースの<2:編集><4:削除><17:SDA><19:RLU>、またはコマンド・ラインから<STRSEU><RMVM><STRSDA><STRRLU>を実行したときに自動的にバックアップを取得するので、ソースの復元が可能です。

3

ソースについて「誰が」「いつ」「何を」修正したかを管理しているので、ユーザーごとの開発実績が把握できます。前ソースからのステップ数の増減も一目で確認できます。

4

ソースの修正履歴を管理しているので、システム監査等に必要な最新の開発管理一覧をCSVでいつでも出力できます。

i-SM4dの機能

・開発実績管理照会
・変更ソース・メンバー照会
・期間内変更ソースファイル照会
・ソース・メンバー履歴照会
・バックアップ・ソース照会
・ソース・メンバー比較照会
・削除ソース・メンバー履歴照会
・PDMを使用したメンバーの処理
・コマンド入力時の自動バックアップ
・変更ソース・メンバーのCSV出力

*以下で概要をご紹介します。

 開発実績管理照会

ユーザープロファイルごとに修正・削除したソース・メンバーの実績を把握できます。

 変更ソース・メンバー照会

指定期間内に変更されたソース・メンバーの照会やCSVの出力が可能です。

 期間内変更ソースファイル照会

指定期間内に変更されたソース・メンバーをソースファイルごとに照会できます。

 ソース・メンバー履歴照会

履歴ソース・メンバーごとに履歴を照会できます。1世代前のソース・メンバーとの比較結果の確認も可能です。

 バックアップ・ソース照会

ソース・メンバーを照会・復元できます。ソース内容を確認してから復元することが可能です。

 ソース・メンバー比較照会

最新ソース・メンバーまたは履歴ソース・メンバー同士で、ソース・メンバーを比較できます。ステップごとに比較でき、コメントを除外して生きたソースコードのみをチェックすることも可能です。

 削除ソース・メンバー履歴照会

削除したソース・メンバーをソースファイルごとに照会できます。誤って削除した場合でも、自動的にバックアップが取得されているのですぐに復元できます。

 PDMを使用したメンバーの処理

PDM画面のオプションで<2:編集><4:削除><17:SDA><19:RLU>の実行時に自動でソース・メンバーのバックアップを取得します。<BH>を指定するとソース・メンバーの履歴照会、<RH>を指定すると削除ソース・メンバーの履歴照会、<BC>を指定するとバックアップ・ソースの比較処理ができます。

 コマンド入力時の自動バックアップ

コマンド入力で<STRSEU><RMVM><STRSDA><STRRLU>の実行時に、自動でソース・メンバーのバックアップを取得します。

 変更ソース・メンバーのCSV出力

指定期間内に変更されたソース・メンバーのCSVを出力できます。これにより更新ユーザーを簡単に把握できます。

稼働環境

ホストOS

IBM i 6.1以降(IBM i 7.2以降推奨、最新PTF推奨)

環境言語

日本語

関連資料をダウンロード!